チョコからの妊活ライフ

チョコレート嚢胞の開腹手術を経て不妊治療に取り組むアラサー女子(?)の妊活日記

セントマザーで全胚凍結し凍結胚移植したら費用はいくら?

   

byouin (3)_R

北九州にあるセントマザー産婦人科医院で全胚凍結→ 凍結胚移植をしました。
体外受精は出費が高額になりますが、どのくらいかかったか?
セントマザーへ支払った費用、モニター病院へ支払った費用や薬代などまとめました。

スポンサーリンク

セントマザーで全胚凍結した理由

全胚凍結とは

全胚凍結とは、採卵した周期に移植せずに一度胚を凍結させ、1~2周期空けてからお腹に戻す方法です。
採卵した周期に戻すことを新鮮胚移植といい、一度凍結した胚を戻すことを凍結胚移植といいます。

全胚凍結のメリット

セントマザーの治療実績によると、新鮮胚よりも凍結胚の方が妊娠率が高く、流産率も低いのだそうです。
ただし全ての胚が凍結できるわけではありません。凍結できない胚は採卵周期に戻すこともあります。

私の場合は分割した胚は2つで、どちらも凍結可能とのことだったので全胚凍結を選びました。
全胚凍結をしておくと、ホルモンバランスや子宮内膜の状態が整っている周期を待って移植できるので、妊娠する確率が高いそうです。

全胚凍結のデメリット

ただし凍結することでデメリットもあります。
1つは、採卵した周期に戻さないので、治療期間が長くなることです。
ホルモンバランスや内膜の状態が整っていないと何周期も先送りになることがあります。
私も遺残卵胞によって移植できなかった周期もありました。

2つめは、凍結と融解で胚にダメージを与えてしまう可能性があることです。
最近では技術の向上でかなり少なくなっているようですが、融解したら移植できない状態になっていることもあるそうです。

3つめは、新鮮胚移植と比べて費用が高くなることです。
凍結するための費用もかかりますし、移植周期の治療費もかかります。
また病院によりますが、移植だけの周期は高額になっていることもあります。

これらのデメリットがありますが、やはり妊娠率が高いというメリットが勝り、多くの方が凍結できる胚は凍結されています。

セントマザーで凍結胚移植にかかった費用

セントマザーの治療において全胚凍結と凍結胚移植を行った時の費用をまとめました。
採卵方法はロング法で自己注射。
移植方法は自然周期の凍結胚移植です。

自然周期とは薬などを使わず、通常の排卵を待ってから培養した日数に合わせて胚移植をする方法です。
薬を使ってホルモンバランスを整えるホルモン補充周期よりも若干費用は安くなります。

採卵にかかった費用

採卵にかかった費用はこちらです。

胚凍結(採卵+凍結胚1本) ¥200,000
凍結胚1本追加 ¥30,000
3日培養  ¥30,000
静脈麻酔  ¥3,790
アダプター ¥1,200
処方箋  ¥810
プラギノーバ(薬)  ¥2,520
その他雑費 ¥3,900
小計 ¥272,220
税込み ¥293,990

スポンサーリンク

セントマザーでは採卵日に35万円のお金を預けます。
新鮮胚移植だと33万円~、全胚凍結だと20万円~という料金設定です。
これに培養費や薬代、凍結胚が複数ある場合は1本ずつの追加費用がかかります。
これらの費用はHPにも記載がありますし、初診の際に治療費一覧表が渡されるのでそれが参考になるかと思います。
ただし治療費一覧表の金額は税抜き費用と言うことに注意しなければいけません。
私も全胚凍結を甘く見ていて、 20万円ちょっとだと思っていたら、実際は30万円近くでした。
凍結胚が余剰にできたことはよかったですが、費用は多めに見ておかないといけませんね。

また、採卵までに支払った費用もあります。
私は自己注射を選択したのでその費用やスプレキュアの購入もありました。

自己注射指導料 ¥1,900
HMG 6本 ¥9,840
HCG 1本 ¥380
シリンジ 7本 ¥700
持ち帰り袋 ¥70
消毒用綿 ¥280
持ち帰り容器 ¥150
スプレキュア ¥18,000
小計 ¥31,320
税込み ¥33,820

1つ1つは少額に思いますが、合計すると結構な金額ですね。

移植にかかった費用

凍結胚移植にかかった費用はこちらです。

凍結胚移植  ¥150,000
黄体ホルモン検査 ¥1,300
その他雑費(チューブ等含む)  ¥10,490
小計 ¥161,790
税込み ¥174,730

凍結胚移植の基本料金が15万円と雑費ですね。
ホルモン補充でお薬などが出るとその費用もかかります。

セントマザー以外での支払い

遠方に住んでいるため、普段の卵胞チェックなどは地元のモニター病院にお願いしました。
そのためセントマザーへの通院は初診・採卵・移植の3回だけです。
また調剤薬局への支払いなどもまとめてみました。

内服薬 ¥4,930
ブセレキュア ¥7,520
モニター受診 ¥17,030
税込み 29,480円

モニター病院へ通ったのは8回。 1回あたりの受診料は平均2,129円でした。
保険適応外や休日診療もありましたが、私が通ったところは比較的価格が安いところだと思います。
他の方のブログなどを見ると、モニター病院の通院が4,000~5,000円というところもあるそうです。

セントマザーでの全胚凍結&凍結胚移植費用の合計

上記の金額を合計すると、532,020円でした。
いやー結構かかってますね。笑

以前通っていた総合病院が30万円ほどだったので約1.5倍くらいになりました。
まぁ不妊治療専門だと相場くらいかなと思います。
都会だともっと高額なことも多いでしょうから。

まだ凍結胚が1本あるので、次回の胚移植では18万程度ですむでしょうし。

ということで、セントマザーでの全胚凍結&凍結胚移植1回分の費用をまとめてみました。
何か参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

 - セントマザー体験談 ,