チョコからの妊活ライフ

チョコレート嚢胞の開腹手術を経て不妊治療に取り組むアラサー女子(?)の妊活日記

体外受精の移植 子宮内膜の厚さの理想と目安は?厚くするには?

   

woman317 (2)_R

不妊治療をしていると気になるのは、子宮内膜の厚さですよね。厚ければいいってもんじゃないだろうけど、やっぱり少し薄いと不安になったりしませんか?

私も体外受精治療を始めた頃は、子宮内膜の厚さに一喜一憂していました^^;

今回は、子宮内膜の厚さと妊娠率についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

体外受精 移植時の内膜の厚さの理想は?

子宮内膜の厚さを全く基準にしないクリニックもありますが、多くのクリニックではそれぞれ基準を設けているのではないでしょうか。

私が今通っているクリニックもそうですが、子宮内膜が7~8mm以上あれば良いとするところが多いようです。

私も先日の胚移植の日に「7~8mmあれば十分妊娠が期待できます」と、言われました。

でも「良い」とか「十分」ということは「ベストではない」ということですよね。

胚移植をする際、子宮内膜の理想の厚さはどのくらいが理想なのでしょうか。こんなデータを見つけました。

子宮内膜の厚さによる妊娠率の差

アメリカの研究チームによって、2002年~2005年にかけて1,294治療周期を対象とした研究報告です。

研究対象となったのは、 2つの胚盤胞移植で、単一胚の移植や凍結融解胚、提供された胚、着床前診断によって選別された胚による移植は対象から排除されています。

凍結融解胚も排除されているということは、対象となったのは採卵周期に移植をする新鮮胚移植の2つ戻しということですね。

報告によると、採卵前のエコー検査で子宮内膜の厚さを測定したところ

妊娠に至った周期の内膜厚:平均11.9mm
妊娠に至らなかった周期の内膜:平均11.3mm

と、妊娠したほうの子宮内膜厚の方が、わずかに厚かったことがわかります。

でもこれだけ見るとあまり違いはないような気がしますよね。

わかりやすいのは、子宮内膜の厚さによる妊娠率の違いです。研究報告によると、

子宮内膜が8mmの妊娠率:53.1%
子宮内膜が16mmの妊娠率:77.0%

だったそうです。

ちなみに出産率は、8mmの場合は44.9%、16mmの場合は67.6%だったとのこと。

これを見ると、子宮内膜が厚いほうが明らかに妊娠率が向上するといえそうです。

スポンサーリンク

ただし、上記の研究報告には、以下のことも書かれています。

子宮内膜が6~7mmでも質のよい胚盤法が移植されれば、50%の妊娠率になった。このため、内膜が薄いからといって移植をキャンセルする必要はない、と。

あなたはこのデータをどのように見ますか?

子宮内膜が厚ければ妊娠するとは限らない

確かに子宮内膜が厚いほうが妊娠率が高いのは明らかです。でも内膜の厚さが全てじゃないんですよね…。ネットの掲示板でも…

・内膜が10mm以上あっても妊娠できませんでしたが、7mmのときの移植で妊娠しました。

・私は7mmであまりよくないグレードで戻して妊娠し、元気な女の子を出産しましたよ。

・排卵後の内膜の厚さ8 mmでしたが、その月に妊娠していました。

など、内膜が薄くても妊娠したクチコミはたくさんありますし、逆に内膜が厚くても妊娠しないこともあります。

実際、私も11mmの胚盤胞で5AAというグレードの良いものを戻しましたが妊娠しませんでした。

担当の先生も期待できるようなことをおっしゃっていたので、結果が分かった時のショックは大きかったですね。

それ以来、内膜の厚さはそんなに気にならなくなりました。

子宮内膜を厚くするには

子宮内膜の厚さが全てではないと言っても、できることなら厚くしたいですよね。

子宮内膜を厚くする方法としては、病院で行うホルモン補充がメジャーかなと思います。エストラーナテープをお腹に貼ったり、飲み薬を服用したりしてホルモンを補充してあげます。

ビタミンEやビタミンCなどを積極的に摂るのもよいとされていますが、どの程度効果があるのかは分かっていません。

またサプリメントは副作用も考えられるので、自分で判断せずに医療機関で相談して服用されることをおすすめします。

まとめ

いかがでしたでしょうか。子宮内膜は厚いに越したことはないですが、内膜が厚いとそれだけ期待してしまうもの。

またエコーによっても数ミリ程度は前後しますので、前回よりも内膜が薄くなった!?とビックリしないように。笑

今日は子宮内膜と妊娠率についてでした。

スポンサーリンク

 - 体外受精の基礎知識